法人カーリースについて

  • (1)弊社は、リース契約に基づきお客さまの指定された車両を購入します。
  • (2)お客さまは、リース契約に定めた期間についてご使用いただきます。
    (原則として、契約期間の途中での解除・解約はできません)
  • (3)リース期間中に発生する諸税・保険料・整備費等は、契約に定める範囲で弊社が支払います。
  • (4)お客さまは、リース期間満了時に車両を弊社にご返却いただきます。
    (再リース契約により、そのまま継続してお使いいただくこともできます)

カーリースのメリット

業務に精通した専門スタッフと先進のコンピュータシステムが、迅速かつ最適なサービスと
ローコストオペレーションを実現し、お客さまのご満足とトータルコスト削減をご提供いたします。

管理上のメリット

車両管理業務が削減されます

監査法人が実施した「車両管理業務に関する購入とリースの業務工数の調査結果」によると、リース化することで購入の場合と比べ、車両管理工数が全社で約3分の1に削減できます。

車両の安全性の維持・向上に貢献できます

メンテナンスリースの場合、車両の保守サービスをリース会社がお引き受けいたしますので、より安全に、より効率よく運行することができます。

フリートサービスの利用でもっと便利に

メンテナンスサービスの他、給油カードやリスクマネジメントなどのシステムもご利用いただけます。

経理上のメリット

リース料は経費として損金処理できます

毎月のリース料は経理上、損金処理ができますので、車両購入と比べると効果的な節税が見込めます。

  • リース会計基準改正により、リース資産計上が必要な場合もあります。
    詳しくはお客さまの会計士もしくは税理士にご相談ください。
車両にかかわる予算計上から実績管理が簡便化されます

リース料は一定ですので予算計上が簡単です。
また、維持・管理の費用がリース料に一本化されますので、煩わしい支払い手続きから解放されます。

車両にかかわる費用が明確になります

リース料には、税金、保険料、メンテナンス料が含まれるため、車両にかかる費用が明確になります。

財務上のメリット

効率的な資金運用ができます

リース料は毎月均等にお支払いいただくだけですから、購入に伴う車両代や諸費用等の一時的な資金を必要としません。
剰余資金を運転資金として有効に活用できます。

カーリースの種類

メンテナンスリース

車両本体に加え、リース車両のメンテナンスを含む維持管理業務のほとんどを弊社がお引き受けいたします。
アウトソーシングによる経営のスリム化を狙うお客さまにピッタリのシステムです。

ファイナンスリース

車両本体に加え、諸税の納付・保険の付保等の業務を弊社がお引き受けいたします。
経済面に焦点を絞ったシステムです。

メンテナンスリース・ファイナンスリース比較表

カーリースの動向

全国リース車両台数の推移

リース車両は、運輸省(現国土交通省)が統計を開始した1973年から四半世紀を経て、当時の40倍以上に達しています。

全国リース車両台数の推移、カーリース導入企業の声

お申込みの流れ

お申込みの流れ